アミューズメント・エンターテイメント総合情報

Archives

東京で初の場外展開「お台場ウォーターパーク by ハウステンボス」

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)は、7月15日~8月31日の期間、東京で初めてとなる場外イベント「お台場ウォーターパーク by ハウステンボス」を開催する。

 同イベントは、ハウステンボスの夏のメインコンテンツでもある「水の王国」の場外篇。昨夏の大阪城公園での初開催に続く、2年連続の場外イベントである。昨年は、太陽の下で水遊びといった王道スタイルに加え、夜間にプロジェクションマッピングやイルミネーション、光るボールなどで演出した大人の水遊びという新スタイルで好評を博した。

 今年は多様なウォータースライダーや施設が登場し、子供から大人まで幅広い年代が楽しめる夏限定の催しとなる。

● ●

 ハウステンボスは、AMG GAMESが開発するVRリズムアクション「Airtone(エアトーン)」を4月28日に導入した。

 同作はヘッドマウントディスプレイと両腕のコントローラーを装着してプレイする体感型VRアトラクション。プレイヤーは案内役の少女に導かれ、鮮やかな仮想空間を飛びながら、上下左右に揺れるアイコンに合わせて身体を動かす。

● ●

 ハウステンボスは7月22日に「夏一番花火大会」を開催する。
 打ち上げ総数は九州最大級1万8000発。今回の目玉は、世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏がオペラ「蝶々夫人」をイメージし、総合プロデュースを手掛ける「デザイン花火」。名曲と色とりどりの花火がハウステンボスの夜空を彩る。

● ●

 ハウステンボス歌劇学院第4期生の入学式を5月24日に開催する。18歳から22歳までの計13名が入学する。